「造園用胴ベルト型安全帯」"ツリーライダー"

(一社)日本造園建設業協会の技術委員会で開発した「胴ベルト型安全帯」”ツリーライダー”が好評のようです。労働安全衛生規則の改正により(平成28年1月1日施行)により、高さ2m以上の場所での作業床の設置が困難な場所で「ロープ高所作業」を行う場合には、特別教育の実施が新たに義務付けられました。現在市販されているフルハーネス型は造園の作業で使い勝手が悪かったのですが、この”ツリーライダー”は移動しやすく、しかも安定感があるようです。

お申し込みは  http://www.jalc.or.jp/TreeRider/TreeRiderOrdersheet-2017.pdf からダウンロードして、必要事項を記入の上、お申し込みください。

20171220101143-0001.jpg

お問い合わせはこちら 9:00~17:00<br> Tel. 054-253-0586