浜松視覚特別支援学校で畑の整備

本年度2回目の特別支援学校緑の保全事業は、平成30年10月12日(金)、浜松市中区の浜松視覚特別支援学校で、畑の整備を高等部の生徒さんと行いました。

生徒は4名、先生も4名参加しました。

指導は西部支部長の(有)昭花園 寺田祐一郎さん、(有)松月園の倉嶋要介さん、みどり園株式会社の髙林智宏さん、大村造園建設株式会社の中村春香さん他1名です。

作業は、前日に西部支部により土の搬入を行った畑で、前半は石の除去、後半は直ぐに種が植えれるように畝(うね)づくりを行いました。生徒の皆さんは搬入したやわらかな土の感触を楽しみながら熱心に作業に取り組んでいました。

 

DSCN0764.JPG DSCN0765.JPG
生徒、先生、協会員全員で石の除去作業を行いました。 大きなクワを使って畝(うね)づくりにも挑戦しました。

 

お問い合わせはこちら 9:00~17:00<br> Tel. 054-253-0586