静岡県景観セミナー

令和元年7月17日(水)、県庁別館会議室において静岡県景観セミナー「事例と写真で知る景観物語」が開催され、一般申込者、行政関係者など約60名が出席しました。

 

尾崎景観まちづくり課長の開会挨拶の後、工学院大学西森教授から「景観を軸としたまちづくり」をテーマとした講演がありました。景観についての基本的な考え方の説明や全国の景観先進地の事例報告があり、最後に景観を手掛かりとしたまちづくりのヒントも紹介されました。

次に、東京工業大学の齊藤教授から「「ふじのくに回遊式庭園」って何だろう」との講演があり、ふじのくに景観形成計画の「ふじのくに回遊式庭園」ついて、香川県の栗林公園と静岡県を対比することにより、その意味とねらいの解説がありました。

 

DSCN2748(2).JPG DSCN2749.JPG
尾崎景観まちづくり課長 開会挨拶 工学院大学藤森教授の講演

 

お問い合わせはこちら 9:00~17:00<br> Tel. 054-253-0586