ツリークライミング技術研修会(ロープ高所作業(樹上)特別教育)

令和3年12月1日(水)、静岡市駿河区谷田の「静岡県立中央図書館会議室」(実技は隣接する静岡県立美術館管理森林で実施)において、当協会主催のツリークライミング技術研修会(ロープ高所作業(樹上)特別教育)を開催し、当協会会員49名が受講しました。
 
〇開催目的
ロープ高所作業特別教育は、高さ2メートル以上で作業床を設けることが困難な箇所においてロープで作業員の身体を保持して行う場合に必要となる特別教育です。
今回の研修では、特にツリークライミング技術を活用したロープ技術、作業の方法を学ぶことで、日々の剪定作業等の安全性の向上を目指します。
 
〇研修の内容
BAT-1講座と同じく、アーボリスト®トレーニング研究所 ATI認定トレーナー渡邉真威氏ほかを講師とし、ロープ高所作業、メインロープ等の知識や関係法令などの学科教育を4時間、ロープ作業の方法やメインロープの点検などの実技教育を3時間行いました。
 
DSC01877.JPG DSC01879.JPG
櫻井会長の開会挨拶 【学科教育】座学の状況
DSC01884.JPG DSC01897.JPG
休憩時間には用具への質問が多くありました 【実技教育】ツリークライミング技術の実習
DSC01898(2).JPG DSC01902.JPG
【実技教育】ロープワークの実習 【実技教育】法面でのロープワークの実習
 
お問い合わせはこちら 9:00~17:00<br> Tel. 054-253-0586