松枯れ被害対策予防剤樹幹注入研修会を開催しました

令和6年1月18日から2日間、沼津市内において、松枯れ被害対策における予防剤樹幹注入研修会を開催しました。
樹幹注入は松を守る有効な方法である一方、適切に実施しないと形成層障害や導水障害などにより悪影響を及ぼすこともあることから、一定の知識と正しい施工技術を修得してもらおうと、静岡県(森林整備課)と共催で実施しました。造園会社などの施工業者のほか行政や団体24名(うち本会員は6名)が参加。
初日は、プラサベルデにて、県担当者による松枯れ被害の現状と対策の説明のほか、メーカー担当者にも商品(予防剤)説明をしていただきました。2日目は、千本県営林内のマツ林にて、4班に分かれて受講者全員が樹幹注入の実習を行いました。
DSC_2054.jpg DSC_2068.jpg
講師による予防剤樹幹注入のデモンストレーション 受講者による実習
お問い合わせはこちら 9:00~17:00<br> Tel. 054-253-0586